山聲(やまびこ)山旅

琵琶湖の東岸、彦根をベースキャンプにしたハイキングや旅行、古寺探訪など、時々の移ろいをカメラで切り取ります
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
山の幸をとる
山行でルート探索をしていたら、山の幸を偶然・・・・
少量はこれまで何度となく見かけたのですが
これぼどまでの密生ははじめての遭遇です
さっそくとり(撮り)ました








歳時記 | 23:33 | comments(0) | - | - |
熟柿 旬を食す
ご近所さんから熟柿をいただきました

編集子の地域は鈴鹿山系霊仙山の西側山麓にあります
平素から鹿や猿、猪、カラスなどと共存しています
ごたぶんにもれず
上記の動物たちのために食物を生産しているきらいもあり
耕作地などは、後継者不足なども重なり休耕田が目立ちます

さて、写真の熟柿(じゅくし)
薄皮がはじけ、果肉がにじみだしています
食べごろです
いまどきの子供たちは見向きもしないものですが
食糧難の時代に成長期だった編集子には
その味とともに忘れえないものです・・・・

猿やカラスのおこぼれの感は否めませんが
無事に編集子の口元までたどり着いてくれた旬
撮影の後
旬を食しました
なんとも贅沢な極みです・・・・




歳時記 | 09:11 | comments(0) | - | - |
菅山寺 山門のケヤキの紅葉
余呉町坂口にある菅山寺
山門の脇には樹齢1000有余年ともいわれる二本の大きなケヤキの大木があります
葉が色づき、一層の趣をかもしだしています


山聲(やまびこ)hp:菅山寺



ケヤキの黄葉


菅山寺山門
歳時記 | 18:19 | comments(0) | - | - |
石橋の羅漢さま
静岡県浜松市北区にある古刹:深奥山方広萬寿禅寺(別称:奥山半僧坊)
境内は広く、これからは紅葉も楽しめます
五百羅漢像が木立の中に安置されています

シーズン前の閑散期
羅漢さまにお会いしてきました
特にシンボル的な「石橋の羅漢」をファインダーから見つめました














歳時記 | 08:56 | comments(0) | - | - |
鳥越峠:紅葉真っ盛り
2015.10.21
滋賀県浅井町/岐阜県坂内村境にある鳥越峠(標高:1000m)付近
金糞岳に一番近い登山口
いま紅葉が真っ盛りです

山聲(やまびこ)hp:金糞岳の紅葉



ピークは金糞岳


ピークは金糞岳


坂内登山口近くの紅葉


鳥越峠から滋賀県側の紅葉
歳時記 | 23:34 | comments(0) | - | - |
白山 初冠雪
2015.10.14(水)

秋色がそろそろ里にも下りてくる頃です
好天に誘われ
福井県福井市/鯖江市にある文殊山(標高:366m)にハイキングに出かけました
信仰の山で、登山口が四方八方から延び
車道並みの遊歩道が安全に導いてくれる里山です
桜の葉が色つきはじめたかな・・・・という感じ
本格的な色付きは11月になってからでしょう

山頂からは、初冠雪の白山が眺められました


山聲(やまびこ)hp:文殊山




白山望遠、中央奥:白山、右奥:別山、別山の左手前:大長山   中右中:剣ヶ岳、左中:大佛寺山



パノラマ(30°〜77°)白山は右奥、最左は富士写ヶ岳、中左奥:丈競山・浄法寺山、中央奥:大日山
歳時記 | 20:19 | comments(0) | - | - |
これ、ど根性ツユクサ・・・・
農道のまん中にアスファルト舗装を突き破り
ツユクサが咲いていました
車の通行が少ないのでしょうか
よくも無事に・・・・




歳時記 | 10:46 | comments(0) | - | - |
晩夏、それとも小さい秋か
8月14日
暑かった夏も一段落
これからのあいさつは「残暑お見舞い・・・・」

山麓を吹き抜ける風も心なしかさわやかさを感じます
アキアカネが山から里に下りています
子供たちのトンボとりの風景を見るのは久しぶり
ススキが穂を出しました
小さい秋でしょうか・・・・
詩情が残っている山里です



カレススキ、もうすぐ新しい穂がでてきます



カレススキ、



ススキの穂が出てきました、小さい秋、見っけ・・・・



葉が色づいています



子供たちの歓声が山里に帰ってきました
そう、いまはお盆なのです・・・・
歳時記 | 21:36 | comments(0) | - | - |
湿原に舞い降りた妖精たち
伊吹山山麓近くにある湿原に、小さな妖精たちが舞い降りています
この湿原は大きくはありませんが
サギソウやハッチョウトンボが棲息していることでも知られます
平地に近く、開発行為により多くの自然環境が壊されている中で
かろうじて季の移ろいを感じ取れるところです
山間の風や湿原の佇まいを、独り占めにして観察することが出来ます


山聲(やまびこ)hp:歳時記



サギソウ



ハッチョウトンボ
歳時記 | 23:21 | comments(0) | - | - |
陸に上がった鯰
陸に上がったカッパならぬ鯰を捕り(撮り)ました

ナマズは滋賀県のイメージキャラクターにも採用されています
とったのは、秦荘町のとある資料館の玄関です
かなりの存在感でした


一匹目


二匹目

歳時記 | 23:42 | comments(0) | - | - |

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.